27/05/2022

専門看護師と認定看護師の違いや特徴

看護師がキャリアアップのために目指す資格として、専門看護師と認定看護師があります。
看護師としてどのように働きたいかを決める時に、2つの資格の違いや特徴を把握するのは重要なことです。
まず、専門看護師は専門的な看護技術や知識を持つことに加えて、進歩する看護技術を学び続け、よりよいものへと向上させるための研究を行うことを要求されます。
また、学んだり研究したりした技術を他の看護師へ教育する役目を持つのも専門看護師です。
さらに、専門看護師は患者に必要な看護を行うために医師、栄養士や病院職員などの医療関係者との調整役を担う役職でもあります。
つまり、専門看護師は様々な医療関係者と連携した看護業務を行いつつ、看護技術を磨くために研究を重ねて、その知識を持って後進を育成することに熱意と時間を注げる人に向いているでしょう。
専門看護師になるためには看護師免許の取得に加えて、看護系大学院修士課程の修了、5年以上の実務研修を経て認定審査で認定されることが必要です。
次に、認定看護師は「在宅ケア」や「透析看護」などの特定の分野において熟練した看護技術を実践する能力を求められます。
それに合わせて認定看護師は自身の看護技術を高めると共に、その看護技術や知識を現場で他の看護師へと指導する力が必要です。
したがって、認定看護師は患者に対して熟練した技術で看護を行いつつ、現場での業務を通して看護技術を高めていくと共に、他の看護師の看護技術水準を向上させる手助けがしたい人に向いているでしょう。
認定看護師になるには、看護師免許を取得した後に5年以上の実務研修を行った後、認定看護師教育機関で6ヶ月学ぶ必要があります。